景品を選ぶ

クリスマスや忘年会、新年会、年末年始になるとこのような会が至る所で開かれていますが、近年、このような会の余興としてビンゴゲームがよく行われています。ビンゴゲームでは豪華な景品が用意されていて、会がとても盛り上がります。 しかし、幹事になってしまった人にとっては、景品選びは頭が痛い作業の1つです。何を選んだら良いのか、見当もつかないという幹事さんは多いのではないでしょうか。

景品とは、おまけの品という意味があり、プレゼントとはちょっと意味が異なります。どちらかというと粗品に意味合いは似ていると言えるでしょう。ですから、基本的に何をあげても良く、プレゼントのように縁起を担いだり、これをあげたら失礼にあたるといった決まりはありません。

特に、飲み会の席での景品などは盛り上げる目的がありますので、ユニークなものであっても構わないのです。ですから、自由な発想で景品は選ぶと良いでしょう。

幹事を任された人の中には、全く使えないけれど面白い物とか、自分では絶対に買えない物などを景品に選んだりなど、色々と思考を巡らせて苦労をしているようですが、景品の目玉には、やはり貰って嬉しい物を選ぶべきです。目玉となる景品がいくつかあると、さらに会は盛り上がることでしょう。最低でも3つぐらいは用意しておきたいところです。 当サイトでは、どのような景品が喜ばれるのか、そして嫌がられるのかについて説明しています。幹事さんはどうぞ参考にしてください。